読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

映画「青の炎」(2003)

あらすじ

 母(秋吉久美子)と妹(鈴木杏)の3人で暮らしていた高校生の秀一(二宮和成)。しかし10年前に母と離婚した男、曾根(山本寛斎)が家に住み着いたことで、それまでの平和な生活が一変。暴力的な曾根から家族を守るために、秀一は曾根の殺害を計画。そして実行するのだが・・・。

 

 

 寒色である青色を基調にした映像が、静かで冷めた印象を持つ秀一の姿と重なる。決して自分の本心を明かさない秀一。友達にも家族にも・・・。本心を話せるのはカセットテープだけ。そして1つの嘘(秘密)を隠すために、更なる嘘を重ねなくてはならなくなる。秀一を追いつめることとなる山本刑事(中村梅雀)と、最後の取調べで交わす2人の会話に胸が締め付けられる。複数の感情が混在する、なんとも言えないラストの紀子(松浦亜弥)の表情にも、胸が苦しくなる。

 原作は貴志祐介の小説「青の炎」、監督は蜷川幸雄、音楽は東儀秀樹

 

予告編

 

関連記事