読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」  シーズン1

海外ドラマ

 イギリスBBC制作のTVドラマ。シーズン1~3(各3話)の全9話。1話、約1時間30分。出演者は、シャーロック・ホームズ役がベネディクト・カンバーバッチ、相棒(?)の ジョン・ワトソン役にマーティン・フリーマン

 

あらすじ は下記より確認できます。

 シーズン1

 

#1「ピンク色の研究」

映像に対する衝撃

 「21世紀版シャーロック・ホームズ」らしく、携帯・スマホ・インターネットを駆使して事件を解決していく。これらの機器の画面表示や内容の表現映像を初めて見たとき、私は衝撃を受けた。今では珍しくはないが、堤幸彦監督作品でハゲや一物に落書きのようなモザイクが、初めて使用されたのを見たとき以来の衝撃だ。

 変人シャーロック

 どのくらい変人か?

 死体を鞭で叩き、レンジの中に目玉を入れ、骸骨が友人の社会病質者(高機能社会不適合者)。右京さん(「相棒」)も真っ青!の変人っぷり。

モリー

 法医学者。シャーロックに片思い?

 ドラマ「スーパーナチュラル」のチャーリーに、キャラが少し似ているような・・・。個人的に気になるキャラ。

謎の男

 ジョンを追いかけるように鳴る公衆電話。ジョンが電話に出ると、謎の男はカメラの位置を伝え「見張っているぞ」と言わんばかりの脅しを・・・。そしてジョンの前に止まった車に「乗れ」と言う・・・。こんなの怖くて乗れません!

 しかし、ジョンは違うのだ。そして待っていたのは「謎の男」なのだが・・・。この男の正体が最後に明かされる!

 

予告編 シーズン1-#1

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

#2「死を呼ぶ暗号」

 事件はシャーロックの大学時代の級友からの依頼で始まる。「謎のメッセージ」=「暗号」を解くことで事件を解決へと導いていく。

要領の悪いジョン

 ペンキの落書き調査のため街の情報屋に会いに行く2人。ところがそこへ警察が・・・。シャーロックと情報屋は警察の姿を見て素早く逃走したのに対し、落書き犯と間違われ逮捕されるジョン。

 カードが使用できず、お金に困り仕事の面接を受ける。職場のサラとデートの約束をするのだが、デートに邪魔が入る。そして最後は亀山君(「相棒」)のように事件に巻き込まれていくことになる・・・。

 

予告編 シーズン1-#2

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

 

#3「大いなるゲーム」

 #1「ピンク色の研究」では、セラピーに薦められていたが全く書けなかった「ジョン・ワトソン医師のブログ」。今では誰もが読む人気ブログに。シャーロックが地動説を知らないことが暴露される。

モリーの恋人(?)ジム

 シャーロックに気があるゲイ?

 後に重要な人物であることが発覚。

犯人からのメッセージ

 携帯に送られてきたメッセージは、5つのピップ(時報音)。

 昔の秘密結社はピップ(果物の種)を送って警告としたとか。

 5つのピップ(時報音)は、5つの警告を意味する。

 

 フェルメールの絵、天文マニア、殺し屋ゴーレムの登場と事件が思わぬ方向へ。放置していた兄マイクロフトからの調査依頼の件も交錯し、2人は危機的状況に!!

 

予告編 シーズン1-#3

ドラマ観るなら<U-NEXT>

 

関連記事

新しい海外旅行の必需品【マネパカード】