読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

映画「LUCY/ルーシー」(2014)

あらすじ

 知り合って間もないリチャードから、カバンをチャン(チェ・ミンシク)に届けて欲しいと頼まれるルーシー(スカーレット・ヨハンソン)。怪しげな依頼を断るルーシーだが、手錠をかけられ強制的に運び屋をやらされるハメに・・・。そしてチャンの運び屋として「ブツ」を腹部に埋め込まれることになる。その「ブツ」が体内で漏れ出したことから彼女の脳は覚醒し、人智を超えた能力を発揮し始める。しかし人間的な感情が消えていき、知識が脳内で炸裂する状況を止められないルーシーは、脳科学者のノーマン教授(モーガン・フリーマン)に助けを求める。

 監督は映画「ニキータ」、「レオン」、「フィフス・エレメント」のリュック・ベッソン

 

 

アニメ「AKIRA/アキラ」が観たくなる

 観たい観たいと思いつつ、後回しになっていた本作品をやっと観ることが出来た。予告編を見てアクション色の強い作品だと思っていたのだが、非常に哲学的な内容で奥が深い作品だ。内容的にも画的にもアニメ「AKIRA/アキラ」と通じるところがあり、観終わったときに「AKIRA/アキラ」が観たくなった。「フィフス・エレメント」でも、アニメ「幻魔大戦」に画的に似ているシーンがあり、邪悪な知的生命体の演出も「幻魔大戦」に似ている。ベッソン監督は大友克洋のファンなのだろうか?

 

予告編

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

映像と音楽

 数日前に紹介した園子温監督の「ヒミズ」で使用されている曲が、本作品でも使用されている。同じ曲であることに直ぐに気付いたのだが、「ヒミズ」の映像が頭の中を流れていき、その曲の流れるシーンだけ内容が頭に入らなかった。「ヒミズ」の印象が強いということもあると思うが私の場合、映像と音楽はセットで記憶しているため「ヒミズ」の映像を切り離すのに少し時間がかかった。今でもこのシーンは客観的に判断することが出来ず、それが残念だ。曲名を調べ、モーツァルトの「レクイエム」という曲だと分かったので、紹介したい。

 

 モーツァルト「レクイエム」 

 

時間の始まりと終わり

 宇宙の果てはどこにあるのか?死んだらどうなるのか?時間はいつ始まり、いつ終わるのか?こんな答えのない問題について、誰もが1度は考えたことがあるのではないだろうか?本作ではこれらの中でも特に時間に焦点を当てて、この問いに応えようとしているように思える。人類最初の女性の名前が「ルーシー」である理由は?細胞分裂から始まる映像が、細胞が融合して終わる意味は?彼女が「至る所にいる」とは?等など・・・、想像力が刺激される要素が多い作品である。

 

視聴可能な動画配信サービス(追記:9月18日)

 本作品は、現在Huluで配信中。配信期間の記載がないため、配信終了日は不明。2週間の無料お試し期間あり。(2016年9月18日時点での配信情報ですので、現在は配信が終了している場合もあります。詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認下さい。)

 

関連記事