読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001)

外国映画

あらすじ

 11歳の誕生日を迎えるハリー・ポッターダニエル・ラドクリフ)のもとにホグワーツ魔法魔術学校への入学許可証が届く。幼い頃に両親を亡くし親戚の家で育ったハリー。学校への入学により、これまでの孤独な人生は一変。友達になったロン・ウィーズリールパート・グリント)やハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)と楽しい学校生活を送る中、学校に隠された「賢者の石」の存在を知る。

 ハリーポッターシリーズ第1作目。監督はクリス・コロンバス、原作はJ・K・ローリングの小説「Harry Potter and the Philosopher's Stone」。

 

 

ハリーの生い立ち

 ハリーがまだ赤ん坊の頃に両親が死に、唯一の親戚であるダーズリー夫妻に育てられる。しかしハリーの部屋は階段下の狭い物置で、食事の準備をするなど召使いのように扱われて育つ。ハリーに届いた手紙(入学許可証)も決して読ませようとはせず、処分する叔父のバーノン(リチャード・グリフィス)。

 しかしルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)がハリーの11歳の誕生日に迎えにダーズリー家にやって来る。その時初めて両親が魔法使いで、自分も魔法使いであることを知るハリー。そしてホグワーツ魔法魔術学校への入学のため、ハグリッドと共に家を出る。

 

入学の準備

 「1年生が用意すべき学用品」はスズ製の標準型大鍋1個、希望者はフクロウ又は猫又はヒキガエル・・・。リストを見ながらダイアゴン横丁で必要な品を買い揃えていくハリーが最後に入ったのは、紀元前382年創業のオリバンダー(ジョン・ハート)の店。杖を取り扱うこの店の店主オリバンダーによれば、「杖は自ら持ち主を選ぶ」と言う。そして「ハリーを選んだ杖」は不死鳥の尾羽が使われた杖だった。

 

魔法界で有名人

 暗黒の時代、仲間を集め力を広げたヴォルデモート。彼に立ち向かう者は殺された。ハリーの両親もその中に含まれる。その場に居合わせた者で唯一生き残ったのがハリーであり「生き残った男の子」として魔法界で有名人なのだ。ハグリッドの説明ではハリーの額の傷は、邪悪な呪いをかけられた時に出来る傷のようだ。ヴォルデモートはハリーを「殺さなかった」のか?それとも「殺せなかった」のか?そしてハリーの持っている「何か」がヴォルデモートを退散させたのだと言う。その「何か」とは?

 

組分け帽子

 学校に到着後、最初に行われるのが寮の組分けだ。グリフィンドール、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリンの4つの寮から成る。組分けをするのが「組分け帽子」。この帽子を被るとその子に相応しい寮を選び決めてくれるというもの。

 

ハリーの選択

 1)ハリーは物語の中で様々な事柄に対し何度も「選択」をしている。最初の選択はハグリッドがダーズリー家にハリーを迎えに来た時だ。ハグリッドとは行かずにダーズリー家に残るという選択肢もあったが学校への入学を選んだ。これまでのダーズリー家での生活を考えれば当然の選択と言える。そしてこの選択がなければ物語が始まらない。

 2)学校に到着後、有名人であるハリーに近づこうと自己紹介をするドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)に握手を求められる。しかしハリーはドラコの発言が受け入れられず「友達は自分で選ぶ」と答え握手を拒む。

 3)ハリーの組分けに悩む「組分け帽子」。「スリザリンだけは嫌」と訴えた結果、グリフィンドールに決まる。「スリザリンだけは嫌」という意思表示がなければ、スリザリンになっていたかも。

 

スネイプ先生

 セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)は魔法薬を教える先生。闇の魔術にも詳しく、スリザリン寮の寮監でもある。ハリーに目を付け、何かと絡んでくる。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、スネイプ先生がクィディッチの試合中にハリーのホウキに呪文をかけたと疑う。そして学校の秘密である「賢者の石」を狙っていると・・・。

 スネイプ先生は、個人的に好きな登場人物の1人だ。

 

賢者の石とは?

 錬金術ニコラス・フラメルが造った恐るべき力を持つ伝説の物体。全ての金属を黄金に変え、飲む者を不老不死にする「生命の水」を生み出す。

 

予告編

 

追記(12月3日)

1月6日までの期間限定でシリーズ全8作品が Hulu で配信中。

 

 「賢者の石」を守るため奮闘するハリーたち3人。仕掛け扉を守る頭が3つある怪物犬フラッフィーを初め、蔓を持つ植物「悪魔のワナ」、鍵鳥、そしてチェス盤と次々と難問が彼らを待ち受ける。そして最後に待っているのは・・・!?

 

 魔法界のお菓子や小道具・生き物など、見ているだけで楽しくなる。単純に子供の友情や勇気を描いた冒険物語として楽しめる作品でもあるが、それだけではなく自己犠牲や家柄に触れるなど考えさせられる要素も散りばめられている。

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

関連記事