読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002)

あらすじ

 突然ハリー(ダニエル・ラドクリフ)の部屋に現れた「屋敷しもべ」のドビー。今学期はホグワーツに戻ってはいけないとハリーに警告。世にも恐ろしい罠が仕掛けられているのだと・・・。ホグワーツに行くためのプラットホームの入り口が閉じられたことに始まり、クィディッチの試合中にボールがハリーを襲うなど、おかしな事件が続く。そしてハリーにだけ聞こえる謎の声、何かの予兆のように外に逃げるクモの群れ、そして壁には「秘密の部屋は開かれた」と書かれた不気味な血文字が現れる。生徒が次々に石にされる事件が起きる中、ハーマイオニーエマ・ワトソン)もその犠牲に。ホグワーツの危機を救うため「秘密の部屋」への入り口を探すハリーとロン(ルパート・グリント)が向かった先は・・・。

 ハリーポッターシリーズ第2作目。監督はクリス・コロンバス、原作はJ・K・ローリングの小説「Harry Potter and the Chamber of Secrets」。

 

 

マクゴナガル先生

 ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)は変身術を教える先生で、グリフィンドール寮の寮監でもある。生徒たちに対して時には厳しく、時には優しく接する。

 ハリーをダーズリー家に預ける際、校長のアルバス・ダンブルドアリチャード・ハリス)とハグリッド(ロビー・コルトレーン)と共に立ち会った。ハリーがクィディッチのシーカーになる切っ掛けを作った人物でもある。 

 

「秘密の部屋」の伝説

 マクゴナガル先生の授業でハーマイオニーが「秘密の部屋」について質問する。それに答えるかたちで次の様に生徒たちに説明している。

 ホグワーツを創設したゴドリック・グリフィンドール、ヘルガ・ハッフルパフ、ロウェナ・レイブンクロー、サラザ-ル・スリザリンの4人の偉大な魔女と魔法使い。内3人は強調し合っていたが、スリザリンは入学する生徒を厳選し魔法教育は純粋に魔法族の家系にのみ与えるべきだと考えた。3人の反対で彼は学校を去ることに。スリザリンはこのホグワーツの城に「秘密の部屋」を作り、学校を去る前にその部屋を封印。真の継承者のみが「秘密の部屋」の封印を解くことが出来る。部屋の中にはスリザリンの継承者のみが操ることの出来る恐ろしい怪物が棲んでおり、その怪物を操ることで魔法を学ぶ資格がないと彼が考える者を追放すると言われている。何度も調査されたが「秘密の部屋」は見付からなかった。

 

スリザリンの継承者

 ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、過去にも「秘密の部屋」が開かれたことを知り、ドラコ(トム・フェルトン)の父親ルシウス・マルフォイ(ジェイソン・アイザックス)が過去に部屋を開けた人物で、そしてドラコに継承されたのだと疑う。しかしトム・マールヴォロ・リドル(クリスチャン・コールソン)の日記をハリーが拾ったことから意外な事実が明らかに。

 トム・リドルとは何者なのか?

 

謎の声

 石にされたハーマイオニーが「秘密の部屋」に棲む怪物の正体を突きとめていたことに気付いたハリーとロン。ハリーにだけ聞こえる「謎の声」は、ハリーが持つ特殊な能力と「バジリスク」と呼ばれるこの怪物の正体と関係していたのだ。

 

憎めないキャラクターたち

 エロール・・・ロンのフクロウ。手紙を届ける際、窓にぶつかり気絶をしたり着地に失敗するなど、飼い主に似て(?)何ともドジなフクロウだ。

 ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)・・・ハリーたちと同じグリフィンドール寮生。授業中マンドレイクの泣き声で気絶したり、妖精ピクシーに悪戯されたりで「何で僕だけこうなの?」。

 コリン・・・ハリーの追っかけ(?)をする下級生。いつもカメラを持ってハリーの周りをチョロチョロしている。コリンを演じるヒュー・ミッチェルは、映画「ダ・ヴィンチ・コード」で少年時代のシラスを演じている。

 

予告編

追記(12月3日)

1月6日までの期間限定でシリーズ全8作品が Hulu で配信中。

 

 前作の「ハリー・ポッターと賢者の石」では有名人であるハリーにドラコが近づき自己紹介するシーンがあったが、本作ではドラコの父親であるルシウスがハリーに自己紹介するシーンがある。ドラコに対して彼の発言が受け入れられないハリーは「友達は自分で選ぶ」と握手を拒み、ヴォルデモートを伝説の魔法使いとするルシウスに対しては「ヴォルデモートはただの人殺しだ」と言い返している。そしてこの時にルシウスのとった行動が本作では重要になるのだが、ハリーはそれを見逃していない。

 

 ハリーとルシウスが出会うことになる本屋でサイン会をしていたのはギルデロイ・ロックハート(ケネス・ブラナー)。闇の魔術に対する防衛術を教える先生で、女性に人気の作家でもある。彼のナルシストぶりが初授業での自己紹介で披露される。ハリーとロンが「秘密の部屋」を見付けるために大活躍???

 

 今回の事件でハリーは悩みを抱えることになる。そんなハリーに対し最後にダンブルドア校長が語る内容は印象的で、説得力のある言葉だ。

 

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

関連記事