読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004)

あらすじ

 ダーズリー家から逃げ出したハリー(ダニエル・ラドクリフ)は「濡れ鍋」へ向かうバスの中で、殺人犯シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)がアズカバンから脱獄したことを伝える新聞記事を目にする。そしてロンの父親アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)からはシリウスがハリーを狙っており、危険が迫っていると警告される。ホグワーツでは魔法省の申し入れにより、アズカバンの看守「吸魂鬼(ディメンター)」が警備をすることに。警戒態勢の中、ロン(ルパート・グリント)が可愛がっているネズミのスキャバーズが逃げ、それを追いかけたロン、ハリー、ハーマイオニーエマ・ワトソン)の3人は、シリウスに出くわすことに・・・。

 ハリーポッターシリーズ第3作目。監督は「トゥモロー・ワールド」、「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン、原作はJ・K・ローリングの小説「Harry Potter and the Prisoner of Azkaban」。

 

 

吸魂鬼(ディメンター)

 ダンブルドアマイケル・ガンボン)校長は生徒に「吸魂鬼(ディメンター)」の警備について説明する際、ディメンターは残忍で狙う相手も邪魔する者も容赦なく襲う存在として説明し、襲う口実を与えないよう注意を促している。

 ルーピン先生もディメンターのことを楽しい気分や幸せな思い出を吸い取って、つらく苦しい思い出しか残らないようにしてしまう「忌まわしい生き物」と表現している。

 この「忌まわしい生き物」ディメンターはハリーに強い関心を抱いているようで、汽車の中やクィディッチの試合中にハリーを襲い気絶させている。なぜ、ハリーだけが影響を受けてしまうのか?

 

ルーピン先生

 リーマス・ルーピン(デヴィッド・シューリス)は「闇の魔術に対する防衛術」を教える先生。汽車の中でハリーがディメンターに襲われたときに助けてくれたが、ハリーの両親を知る人物でもあり精神的な面でもハリーを助けている。

 第1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」から、この教科を教える先生は色々と問題があったが、果たして本作ではどうなのか?

 

忍びの地図

 ロンの双子の兄、フレッド(ジェームズ・フェルプス)とジョージ(オリバー・フェルプス)がハリーに渡した「忍びの地図」。何も書かれていないただの紙だが、呪文を唱えるとホグワーツの地図が浮かび上がる。その地図には足跡と人名が現れ、名前の人物の現在地を教えてくれるというもの。ホグワーツの城からの7つの抜け道も記されており、この地図を使ってハリーは城を抜け出す。そして透明マントも活用し、両親の死の真相について話す大人たちの会話を聞いてしまう。会話の中でシリウスに殺された人物としてピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール)の名が挙げられていたが、この死んだはずのピーターの名前が何故か地図に現れることに・・・。

 

スキャバーズVSクルックシャンクス

 ハリーと初対面の時にもロンが汽車の中で抱いていたネズミのスキャバーズ、そしてハーマイオニーの猫クルックシャンクス。本作ではロンとハーマイオニーが2匹をめぐり度々口論となる。その原因を作り出していた者の正体が、他の謎と共に明らかになる。そこには意外な真実が隠されていた・・・。

 

予告編

追記(12月3日)

1月6日までの期間限定でシリーズ全8作品が Hulu で配信中。

 

 ルーピン先生の授業で登場する「マネ妖怪(ボガート)」は、相手が怖がるものに変身する。ネビル(マシュー・ルイス)の怖いものがスネイプ先生(アラン・リックマン)というのは、妙に納得してしまう。そして女装姿のスネイプ先生が結構気に入っている。いつものコワ~イ雰囲気とのギャップがいいのだ。

 そして本作初登場の「占い学」の先生、シビル・トレローニー(エマ・トンプソン)はスネイプ先生同様、個人的に好きな登場人物の1人だ。ハーマイオニーの事を「占い学」を会得する素質がないと言って怒らせてしまうシーンがあるが、教科書(本)から知識を得る学問を得意とするハーマイオニーにとっては、「感覚(センス)」を磨く学問は向かないということなのだろう。ハリーは「感覚」を磨く学問向き???

 教科書から知識を得る学問と感覚を磨く学問の違いが、暗記中心の科目と思考中心の科目の違いに似ているようにも思える。

 

映画観るなら<U-NEXT>

関連記事