点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

ウェイワード・パインズ/シーズン2 第2話「若き独裁者」

あらすじ

 ピルチャー(トビー・ジョーンズ)の残したメッセージ映像が街で配信され、それを見ている住民たち。「掟を破った者には容赦はしない。公衆の面前で責任を取ることになる。」と語るピルチャーの映像の後、壁の外の映像に切り替えるジェイソン(トム・スティーヴンス)。壁の外に出されたテオ(ジェイソン・パトリック)、ベン(チャーリー・ターハン)、ザンダー(ジョシュ・ヘルマン)の3人を見せしめにするかのように・・・。しかし映し出されたのは彼らを素通りし、異常な行動をとるアビーの姿だった。

 

男性版アンブリッジ

 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に登場する人物、ドローレス・アンブリッジ。ジェイソンの言動はこのアンブリッジに似ている。彼女よりはマイルドだが、程度の差こそあれ本質は同じだと思う。

 街の掟では、第一世代同士が傷つけ合うことを禁止している。しかし第一世代のベンを壁の外に出している。掟を破った住民は処刑し、自分は掟を守っていないのだ。色々と理由を付けてはいるが、自分勝手な屁理屈にしか聞こえない・・・。

 テオに関しても処刑を目撃した彼の反応を見て、第2のイーサン(マット・ディロン)になると判断し、壁の外に出しておきながら、ケリー(ケイシー・ロール)が負傷すると街に連れ戻している。矛盾に満ちたジェイソンの言動は、正に「男性版アンブリッジ」なのである。

 

深刻な食糧不足

 収獲を議題にした会議に出席するCJ(ジャイモン・フンスー)。彼の説明では、土の化学物質レベルが変化したために、壁の内側では作物を作れなくなっているようだ。どういう事情でそうなったのかは語られていなため不明だが、作物は壁の外で作り収獲しなくてはならない。もしアビーの襲撃により収穫に失敗すれば、住民は飢え死にすることになる・・・。

 一方、病院で子供の診察をしたテオは、体調不良の原因は栄養不良と診断。街の食糧事情は知っていたテオだが、マルチビタミン剤などは限られた人にしか配られていないことを知る。

 

第2話「若き独裁者」

 

メーガンの立場

 シーズン1では教師だったメーガン(ホープ・デイヴィス)。第2話でアビーの研究を監督する立場になっていることが明らかになるが、学校での授業も行っているようだ。授業中、生徒のフランクからアビーの異常な行動に対し「壁を越えようとしていた。またやるの?」との質問が出る。その質問に対する彼女の答えは曖昧だ。「いいえ、私たちが団結している限り街はうまくいく。支え合えば安全に暮らせる。」のだと・・・。彼女の言うように住民が団結し、安全に街の中で暮らしていたとしても、外からのアビーの脅威がなくなるわけではない。現実を見ようとしない彼女の言葉は、ルーピン(映画「ハリー・ポッター」の登場人物)の言う、「恐怖のあまり思考が歪み、現実を直視できない」現れなのだろうか?彼女は「アビー襲来の日」を知る人物の1人であり、脚が不自由になったのもその時にアビーに襲われたからだ。

 

関連記事