読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点 描 画 ~動画点~

映画・ドラマ・アニメなど、作品について書いています。

映画「凶悪」(2013)

あらすじ 雑誌「明朝24」の編集部に届いた死刑囚からの1通の手紙。手紙の送り主である元暴力団の須藤(ピエール瀧)に面会し、取材をすることになった記者の藤井(山田孝之)。須藤が藤井に話した内容は、まだ誰にも話していない3件の事件についての告白だっ…

映画「LUCY/ルーシー」(2014)

あらすじ 知り合って間もないリチャードから、カバンをチャン(チェ・ミンシク)に届けて欲しいと頼まれるルーシー(スカーレット・ヨハンソン)。怪しげな依頼を断るルーシーだが、手錠をかけられ強制的に運び屋をやらされるハメに・・・。そしてチャンの運…

映画「FRIED DRAGON FISH/フライド・ドラゴンフィッシュ」(1996)

あらすじ 誕生日プレゼントに1匹の魚をもらったナツロウ(浅野忠信)。彼が欲しかったのは「スーパーレッド」と呼ばれる魚で、プレゼントされた魚は別のものだった。データバンク会社のオペレーターであるプー(芳本美代子)は、1カ月間だけ探偵事務所へ派…

映画「冷たい熱帯魚」(2011)

あらすじ 小さな熱帯魚店を営む社本(吹越満)は、妻の妙子(神楽坂恵)と娘の美津子(梶原ひかり)と3人暮らし。妙子との関係は既に冷え切っており、前妻の子である美津子と妙子の関係も折り合いが悪い。幸せな家庭を夢見る社本だが、現実は程遠い。ある日…

映画「ヒミズ」(2012)

あらすじ 中学生の住田(染谷将太)の夢は、普通の大人になること。蒸発し突然戻ったアル中の父親(光石研)の暴力、家に男を連れ込む母親(渡辺真起子)・・・、両親の愛に恵まれずに育った住田。そんな彼に想いを寄せる、同級生の茶沢(二階堂ふみ)。彼女…

映画「紙の月」(2014)

あらすじ 契約社員として銀行に勤める梨花(宮沢りえ)。夫(田辺誠一)と2人で暮らす彼女だが、顧客である平林(石橋蓮司)の孫の光太(池松壮亮)と出会い、深い仲になっていく。彼に借金があることを知り、顧客の金に手をつけてしまうことに・・・。顧客…

「シャーロック」を通して・・・。 #2 連想した作品

「シャーロック」を観ていて、連想した作品たちを紹介する。 ドラマ「相棒4」(#8 監禁) あるジャーナル誌に「警視庁・特命係に『和製シャーロック・ホームズ』がいる」という投書が載った。そして「和製シャーロック・ホームズ」と間違われ、亀山君が連れ…

映画「青の炎」(2003)

あらすじ 母(秋吉久美子)と妹(鈴木杏)の3人で暮らしていた高校生の秀一(二宮和成)。しかし10年前に母と離婚した男、曾根(山本寛斎)が家に住み着いたことで、それまでの平和な生活が一変。暴力的な曾根から家族を守るために、秀一は曾根の殺害を計画…

映画「中国の鳥人」(1998)

あらすじ 仕事のため中国の奥地、雲南省を訪れることになった商社マンの和田(本木雅弘)。中国で待っていたのは、変な日本語を話す中国人ガイドのチン(マコ・イワマツ)と泥まみれのワゴン車。そしてワゴン車に乗り込んできた、見知らぬヤクザの氏家(石橋…

映画「SPEC~結~(爻ノ篇)」の終わり方について思うこと

「SPEC~結~」の終わり方には、哲学的なものを感じる。「ケイゾク」についてもそうだ。説明が難しいが、物理的にしろ、精神的にしろ、具体的な形があるもの(物体・事象・心情など)ではないものを表現しようとしていると。 具体的ではあるが形がないもの、…

映画「SPEC~結~(漸ノ篇)」:海外ドラマ「スーパーナチュラル」との共通点

劇場版 SPEC~結~(漸ノ篇) 2000年代前半頃、深夜に再放送されていた連続ドラマ「ケイゾク」を観たとき、「何て面白い!」と思った。リアルタイムで観ていなかったことを後悔したくらいだ。これを切っ掛けに堤幸彦監督の作品を観るようになった。堤作品を…